「健康経営銘柄2016」の選定企業が発表されました(16/01/21)
トップページ > 「健康経営銘柄2016」の選定企業が発表されました(16/01/21)

「健康経営銘柄2016」の選定企業が発表されました(16/01/21)

2016年01月27日(水)11:07 PM

経済産業省と東京証券取引所は21日、「健康経営銘柄2016」に選定された25社を公表しました。
「健康経営銘柄」とは、健康経営の取り組みに優れた企業を一定基準に基づいて選定し、長期的な企業価値向上を重視する投資家へ魅力ある銘柄として紹介し、さらに企業の取り組みを促すことを目的としていました。2015年から始めていたとか。

「健康経営銘柄」の選出基準には東証の33業種区分に基づいて各業種から1社を選ぶこととされており、今回は次の25社が選定されていました。

[初選定]
 住友林業/ネクスト/ワコールホールディングス/塩野義製薬/リンナイ/ IHI/トッパン・フォームズ/伊藤忠商事/リコーリース/東京海上ホールディ
 ングス/フジ住宅

[前回から連続選定]
 アサヒグループホールディングス/ローソン/花王/テルモ/コニカミノルタ/東燃ゼネラル石油/ブリヂストン/TOTO/神戸製鋼所/川崎重工業/大和証券グループ本社/東京急行電鉄/日本航空/SCSK

/////////////

ROAやROICでみるのではなく、ただ単に、「産業医」の充実度で視てみます。

産業医が充足していない企業も含まれていたり、充足していたとしても診療所に診療医を置いているだけのところや、ある特定の大学出身でないと産業医に就任出来ないような偏ったところや、更にはよく産業医が入れ替わるところも含まれていることから、果たして妥当な選考がなされているのか、疑問の余地が残る内容ですね。

ceacec66-d5bd-494a-b67f-5ef581f5b9e7-original fa8b5042-7ea4-427d-aa2f-af2ba2f4503e-medium



«   |   »

123社

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト