ストレスチェック117|ストレスチェック制度の課題とプロ産業医による解決策:ストレスに対する国の考え方や個人に対するアプローチ法(2016/03/04)
トップページ > ストレスチェック117|ストレスチェック制度の課題とプロ産業医による解決策:ストレスに対する国の考え方や個人に対するアプローチ法(2016/03/04)

ストレスチェック117|ストレスチェック制度の課題とプロ産業医による解決策:ストレスに対する国の考え方や個人に対するアプローチ法(2016/03/04)

2016年03月04日(金)11:25 PM

優れた産業医を多く輩出されかつ、「職業性ストレス簡易調査票」を開発された下光輝一東京医科大学名誉教授のご高見を紹介します。

ストレスに対する国の考え方や個人に対するアプローチ法(高ストレス者の選定)などについては、研究者(調査票開発者)として違和感を覚えるし、またエビデンス(科学的根拠)にも乏しいと言わざるを得ない。今後、介入研究などによって検証と改善(マニュアル改訂など)を行っていく必要がある。

下光輝一.巻頭言.日本産業衛生学会 関東地方会ニュース 第33号 2016年1月25日

→ プロフェッショナル産業医としてのこの課題への対応は、「先見労務管理」 誌 2016年4月25日号にて掲載予定です。

ext ebd9585a-3fce-4c32-998c-cdf5aa0bf057-medium





«   |   »

123社

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト