ストレスチェック123|ストレスチェック制度解説記事連載第5回:結果の産業医による評価方法(2016/04/25)
トップページ > ストレスチェック123|ストレスチェック制度解説記事連載第5回:結果の産業医による評価方法(2016/04/25)

ストレスチェック123|ストレスチェック制度解説記事連載第5回:結果の産業医による評価方法(2016/04/25)

2016年04月27日(水)8:22 AM

 

「先見労務管理」誌でのストレスチェック制度解説記事第5回目掲載誌が発売開始 :産業医向け

先見労務管理」誌2016年4月25日号に合同会社パラゴン代表社員による『これで安心!ストレスチェックの実施事務』連載記事第5回目が掲載され発売中です。

今回は産業医が悩む「ストレスチェック実施前に決めること その③ 結果の評価方法」という題です。

・「高ストレス者」の抽出目安として提示された10%という数値に対して、「職業性ストレス簡易調査票」を開発した下光輝一東京医科大学名誉教授による痛烈な批判、
・95%信頼区間という統計学的観点からみた間違い
・「安全係数」を使うまやかし
といった問題点004の指摘と、

対して産業医の意見を踏まえた「検査前確率」、「補足的面談」の導入、「補足的面談」時のカウンセリング提供、面接を拒否した労働者への産業医による対応方法等々を記載しております。

全国の産業医にとって、産業医先に説明しやすい内容になっています。御覧くださいませ。

ext

 





«   |   »

123社

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト