職域におけるメンタル不調者への対応方法がもつ課題(16/06/26)
トップページ > 職域におけるメンタル不調者への対応方法がもつ課題(16/06/26)

職域におけるメンタル不調者への対応方法がもつ課題(16/06/26)

2016年06月26日(日)9:44 PM

第16回日本外来精神医療学会の日程表とプログラムが紹介されています。。

 

 

7月9日 B会場【1号室】14:05-16:05

●シンポジウム3 「職域におけるメンタル不調者への対応方法がもつ課題」

コーディネータ 田中克俊(北里大学大学院医療系研究科産業精神保健学)

「精神科医からみた産業医活動における課題」

シンポジスト 鎌田直樹(北里大学医学部精神科学)

「現場の精神科産業医として、メンタルヘルス不調者への対応方法をどう考えるのか
~ストレスチェック実施をふまえて~」

シンポジスト 宇都宮健輔(産業医科大学医学部精神医学)

「産業精神保健における「中間地帯 no man’s land」−EAPやリワークの課題から学ぶ−」

シンポジスト 白波瀬丈一郎(慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室/慶應義塾大学ストレス研究センター)

「職域におけるメンタルヘルス不調者への対応方法がもつ課題」

シンポジスト 大森真弓(相模原市教育委員会)
     大石智(北里大学医学部精神科学)

「職域メンタルヘルスにおける産業医の役割 ~上手く精神科と連携するために~」

シンポジスト 堀川直人(富士電機(株)東京工場 健康管理センター)
座長 田中克俊(北里大学大学院医療系研究科産業精神保健学)
     小山文彦(独立行政法人労働者健康福祉機構 東京労災病院勤労者メンタルヘルス研究センター)

046023043010



«   |   »

123社

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト