ストレスチェック138|「人事労務実務のQ&A」誌2016年9月号に掲載(2016/08/15)
トップページ > ストレスチェック138|「人事労務実務のQ&A」誌2016年9月号に掲載(2016/08/15)

ストレスチェック138|「人事労務実務のQ&A」誌2016年9月号に掲載(2016/08/15)

2016年08月15日(月)10:19 PM

合同会社パラゴン代表社員 櫻澤博文のストレスチェック解説記事が「人事労務実務のQ&A」2016年9月号に掲載 

 日本一、ストレスチェックに関する情報を産業医先に発信しているプロフェッショナル産業医の集団:合同会社パラゴンの代表社員であるさくらざわ博文によるストレスチェック制度に関する解説記事が、2015年度の3回に次いで今年度も労働調査会発行、「人事労務実務のQ&A」誌に掲載されました。

ストレスチェックは実施義務が開始された2015年12月1日から1年のうちに1回の実施が必要なので、2016年11月末までにストレスチェック実施が必要と理解できます。ただ、その頃はストレスチェック結果の処理が集中します。サーバーの容量や処理量を考慮せずに営業をかけているシステム処理会社においては、サーバーがダウンしシステムが火を吹くことが懸念されています。

 

006fa0cb-396c-4168-86d8-e0eb87ce99cc-medium007

 





«   |   »

123社

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト