ストレスチェック141|実施事務従事者業務受託機関の内情(2016/09/10)
トップページ > ストレスチェック141|実施事務従事者業務受託機関の内情(2016/09/10)

ストレスチェック141|実施事務従事者業務受託機関の内情(2016/09/10)

2016年09月10日(土)2:33 PM

ストレスチェックの駆け込み要望が増えてきている中、これはおかしいという事例が集積してきました。
久しぶりに全国の産業医や衛生管理者の皆さまの時間と労力を無駄にしないため事例見本として紹介します。


①新聞やテレビ広告を出して営業をかけた結果、実装が追い付いていない例

いくら「オンラインなので簡単にストレスチェックが実施可能!」ということをうたっていても、事前準備としてストレスチェック制度の説明や内容について、丁寧に社員に説明しなければ、だいたい6割は叶っている受検率を上げることも、
0.3%は出ている面接を希望する社員を見つけることもできません。
更には産業医に対して説明さえない業者さえあります。きちんとした産業医だったら、「怪しい」ということ、見抜かれるからなのでしょう。
口先八寸の営業者が言葉巧みに、事情を知らない人事労務担当者を攻落する様は早くは2015年10月15日刊 「ゼロから始めるストレスチェック制度導入マニュアル」(労務行政)にて亀田高志先生が警告を出していました。
弊社も当シリーズを通じて、更には弊社代表のさくらざわ博文が「先見労務管理」での「これで安心!ストレスチェックの実施実務」シリーズにて重ねて懸念しております。

面接を申出しやすい、風通しの良い環境づくりを形成することも、ストレスチェック制度の良い意味での副産物です。そのような業者を使っては、産業医にとって良い職場環境を形成しようにも抵抗しか感じられないでしょう。

そんな中、無理がたたってきています。提供業者でメンタル不調者が相次いできています。すなわちストレスチェック制度システム構築実装担当者が、11月末に向けて半端ではない作業量をこなす羽目になっています。
つまり過労状態。そのような業者にはまともな産業医はいないのでしょうね。
実話としてメンタル失調や、中には休職、そして担当者変更という実際が出てきています。 
その結果が信頼を失った企業側のベンダー変更 という事象として表れ始めています。

御社のベンダー、大丈夫でしょうか?????

 


②11月末の初回実施期限に向けて実装を進めてきた業者のサーバーダウン
ストレスチェックの初回度実施期限は、実施義務化された2015年12月1日から1年後の、2016年11月30日になります。11月末に向けて多くの企業が、実施を予定に入れています。でも待ってください。業者サーバーの処理力は確認されたでしょうか。例えば10数万人規模の企業だと、サーバー容量を想定し、独自でサーバーを用意しての、かつ一斉実施ではなく地域毎に実施時期をずらしての対応を行っています。
このようにサーバーダウンが予見されています。

産業医の先生方。企業を救いましょう! 実施が本当に可能なのか、業者サーバーの容量を確認してください。容量を超過する積極的営業を行っている業者では構築も運用もこの11月を乗り切ることができるのか要注意です。


③科学的根拠ない独自の57項目を販売する業者例
企業によっては人事労務部門をシェアードサービス化している事例があります。大手では東芝グループがあります。パナソニックのように健康保健組合がその任を担っている場合があります。
そんな中、ある情報処理関係企業のシェアードサービス部門は、「職業性ストレス簡易調査票(57項目版)」と「新職業性ストレス簡易調査票(80項目版)」から質問項目を任意に選び、それを新たな57項目版を販売開始しています。
計量心理学の知識がある方にとってはこれは恣意的であって、科学的意義や客観性には乏しいという疑問符がつくことは容易におわかりでしょう。

なぜなら
因子分析を通じて概念妥当性を検証したり、クロンバッハのα信頼性係数を出して項目間の悪い相互作用を排除したりと、質問票を作り上げるためには計量心理学的な検証が必要な中なのにです。

驚いたことに、そのシステムでは「全国平均や社内他部署との比較、経年比較等、様々な分析が可能な組織・会社診断結果レポートをご提供いたします。」とうたっていました。社内他部署との比較、経年比較は確かに可能です。でも全国平均との比較はいかがでしょうか。
そのシステムを利用する企業が複数あれば、それは他企業との比較が可能になりましょうが、それを「全国平均」というのでしょうか。

このような非科学的なことを基盤にしている以上、様々な分析を重ねたとしても合理的な結果を導き出すには慎重な解釈や判断力が求められるでしょう。

なおとあるメーカーの人事管理職がその業者のHPには実名入りで登場して利用者ということをそのシステムはアピールしています。その企業の産業医の心理学への造詣はどうなっているのか、そしてその企業の製品の安全性まで心配になってきました。

ともあれ引き続き当サイトをご覧の産業医や衛生管理者の皆さまが、ストレスチェックの本来の主眼・・・多様性ある働き方が具現化されるために、高齢者だろうと女性だろうと、望む働き方を享受できるように、そのために会社側はストレスチェックでの集団分析結果を通じて働きやすい職場環境づくりを目指してもらいたく、その結果として産業医の先生方の契約先の生産性をも向上するために、当HPを通じて他社が抱え込んでしまった課題を紹介することで教訓としてもらえたら幸いです。

 

7a91bc60-5104-4d12-88da-fd5c0c70e2b8-medium

 





«   |   »

123社

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト