ストレスチェック148|面接希望者は1/20~1/50%(2016/09/27)
トップページ > ストレスチェック148|面接希望者は1/20~1/50%(2016/09/27)

ストレスチェック148|面接希望者は1/20~1/50%(2016/09/27)

2016年09月28日(水)12:25 AM

厚生労働省の参集した専門家委員会の席上だったでしょうか。ストレスチェックでの面接対象者の想定は1%としていました。
統計学的検定でいうならば3SDである0.5%のなぜだか倍の数字でした。 まさか、片側検定??

実際はどうなのでしょうか。
それが確認できる数値がありました。メンタル産業医入門アマゾンでのレビューにおいてです。

なんと1/20~1/50%しか出ていないとか。 0.05~0.02%です。

高ストレス者を10%も出すのはおかしいと 当HPで啓発してきておりました。

ここで別の証明がなされたように理解できませんでしょうか。

すなわち9.95~9.98%の高ストレス者が放置されることになる現実があるということです。

レビューアーは以下のように記述しています。

「事業者の多くは面接医確保やその費用負担で難渋顔でしたが、今は面接希望者0の結果で満面の笑みを浮かべています。
一般的な組織では病的なメンタル不調者は3~5%を数え、その半数は医療に掛かっていないと聞きます。
面接希望者0に対し先ほどの笑う事業者に、これらの方が隠れ放置されているのは地雷をバラ撒いた状態ではないかと問いますと、その笑顔は消えましたが。」

 

この問題に対する回答は、すでに「メンタル産業医入門」に記載済です。
9月26日現在、アマゾンでは品切れになりました。

日本医事新報社サイトからは、即日配達可能です。

 注:アマゾンの本の補充が遅い理由が述べられているサイトa1425346-784f-4932-b86e-67c20744663f-large

 





«   |   »

123社

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト