ストレスチェック150|ストレスチェック制度解説記事連載第11回発売開始(2016/10/25)
トップページ > ストレスチェック150|ストレスチェック制度解説記事連載第11回発売開始(2016/10/25)

ストレスチェック150|ストレスチェック制度解説記事連載第11回発売開始(2016/10/25)

2016年10月27日(木)12:57 AM

「先見労務管理」誌でのストレスチェック制度解説記事第11回目掲載誌が発売開始 

労働調査会発行、全国の産業医の先生や人事労務管理者の愛読誌になっている「先見労務管理」誌の2016年10月25日号に合同会社パラゴン代表社員による『これで安心!ストレスチェックの実施事務』連載記事第11回目が掲載され発売中です。

今回は「ストレスチェック実施前に決めること その⑨ ―集団分析―」という題です。

受検者のストレスチェック結果を集計することで、その企業全体や部署ごとの分析が可能になります。これら組織分析結果は、これまでに得られている全国統計をベンチマークとすることで、「働きやすさ」という観点からの全国的な位置付けが把握できるようになります。全国統計と比較することで、どのような対策を執ればより働きやすくなるのかまで考察できることから、職場環境改善が容易になるというメリットがあります。しかし、事業者に対する義務とはなっていません。
当シリーズを開始した2015 年12 月の時点では、詳細な集団分析は5 万円、部署別の分析は3000 円請求する業者がありましたが、現在は無償で実施することが当たり前のようになっています。集団分析結果に基づく職場環境改善対策を執ることで、労働者にとっていきいきと働きやすく活力あ第11 回:ストレスチェック実施前に決めること―その⑨集団分析―ふれる快適職場の形成が可能となることから、著者の契約先にはもれなく実施を勧めています。

2016年10月26日 BSフジ プライムニュースの中でも過労死防止対策として重要であること、言及しております。

 

 





«   |   »

123社

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト