「働き方・休み方改善指標」を用いた診断可能サイトの紹介(16/11/03)
トップページ > 「働き方・休み方改善指標」を用いた診断可能サイトの紹介(16/11/03)

「働き方・休み方改善指標」を用いた診断可能サイトの紹介(16/11/03)

2016年11月03日(木)4:33 PM

「働き方・休み方改善指標」を用いた自己診断 | 働き方・休み方改善ポータルサイト      を厚生労働省が作成かつ提供しているので紹介します。

自己診断が可能な「働き方・休み方改善指標」を用いることで、長時間労働や年次有給休暇に関する状況を把握しやすくなります。
この指標の構成は、次のとおりです。
指標の構成図


合同会社パラゴンでは、この「働き方・休み方改善指標(企業向け)」を産業医先に紹介することで、社員一人ひとりの勤務実態と職場環境における課題の把握を実行してもらっております。

▼ 企業向け診断結果イメージ
簡単な設問に答えるだけで、現状を「見える化」できます。
結果は、グラフで視覚的に把握することができます。

企業向け自己診断 | 働き方・休み方改善ポータルサイト  

働き方・休み方改善指標(企業向け)とは、企業の人事労務担当者が労働時間や休暇取得の実態や、これに関連する自社の取組や制度を再確認するための指標であり、今後の対策を検討する際に活用することを目的に作成しています。
この指標は「ポジションマップ」と「レーダーチャート」の2つで構成されています。

ポジションマップ(イメージ図)
ポジションマップについて
レーダーチャート(イメージ図)
レーダーチャートについて

ポジションマップ」と「レーダーチャート」を使うことで次の3つが可能になります。

  • その1)働き方や休み方に関する問題の有無が分かります。
  • その2)企業の人事労務担当者が自社の状況をチェックすることで、働き方や休み方に関する実態や課題を分析できます。
  • その3)企業が自社の働き方や休み方の改善に向けて、対策を検討するためのヒントが得られます。

 



«   |   »

123社

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト