日本医師会認定産業医資格には有効期限があります(17/04/17)
トップページ > 日本医師会認定産業医資格には有効期限があります(17/04/17)

日本医師会認定産業医資格には有効期限があります(17/04/17)

2017年04月17日(月)5:29 PM

ある医師が、ある事業所の「産業医」になるためには、単に医師を選任するだけでは足りません。

厚生労働省令で定める要件を、その医師が満足していない限り、その医師は「産業医」と名乗ることはできません。

日本医師会認定産業医の認証を得た医師に対して日本医師会は、有効期間5年のうちに、産業医学生涯研修20単位以上を修了しない限り更新はできないと提示しています。

しかしながら
“更新は義務付けられているわけではない”、

安衛則第14条は、確かに一定の研修を修了することを求めているが、更新によって資格を維持することまでは定めていない。したがって、一度産業医資格を取得してしまえば、死ぬまで産業医ができる”

以上のような解釈が成立することから、日本医師会認定がすでに失効した医師なのに、まだ、産業医として任用する企業の存在が確認されています。
その医師が労働衛生コンサルタントという国家資格を取得しているのなら、話は別なのですが。

過去には、産業医としての選任要件を満たしていたからといって、その後、労働衛生コンサルタントを取得するわけでもなく、ましてや日本医師会認定産業医資格の更新する実施しない医師に産業医選任をし続ける企業があることは、以下のような労働経済下、実に残念なことです。

わずかこの1年の間に、人不足は更に深刻となっていることが判りました。

①平成29年3月の有効求人倍率(季節調整値)は1.45倍となり、平成28年4月より0.11ポイントも増加し、バブル期の1980年代末をも超えています。
②新規求人倍率(季節調整値)も平成29年3月値では2.13倍と、平成28年4月時より0.07ポイントも上回り、3月の新規求人(原数値)は前年同月と比較すると6.5%増とまで至っています。



ブラック産業医の存在が問題視されている中、このような医師を産業医に選任している事業所の問題も、うち、問題視されてくるものと考えられます。



«   |   »

123社

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト