第90回日本産業衛生学会、無事終わる(17/05/13)
トップページ > 第90回日本産業衛生学会、無事終わる(17/05/13)

第90回日本産業衛生学会、無事終わる(17/05/13)

2017年06月11日(日)9:38 PM

合同会社パラゴンも協賛した第90回日本産業衛生学会(東京都江東区有明で開催)が無事終了しました。

以下が、大会長の柳澤教授からのお言葉です。

第90回大会では、メインテーマを「産業保健近未来図」と題し、第100回大会に向けた10年間、特に直近5 年間で産業保健が向かうべき道筋、取り組むべき課題について討論や意見交換を行います。
日本産業衛生学会としては、今回初めて、厚生労働省に後援として参画いただきました。プログラムには、厚生労働省が掲げる重要課題から、①近未来のがん予防対策、②産業化学物質対策の強化、③ストレスチェック制度を含む産業精神保健対策の強化、④治療と就労の両立支援の確立、⑤労働安全衛生法に基づく定期健康診断の見直し、⑥これからの産業医の在り方、⑦過労死・自殺予防対策に関して、特別講演(1題)、教育講演(10題)、シンポジウム(7題)、公募シンポジウム(18題)、フォーラム(13題)を企画しました。特別講演は中釜 斉氏(独立行政法人 国立がん研究センター 理事長)に「働く世代の新しいがん予防対策」と題してご講演いただきます。
また、教育講演やシンポジウムの演者として厚生労働省の担当官12 名がご登壇くださいます。これらプログラムを聴講していただくことにより、日本医師会認定産業医制度(更新13.5単位、専門18単位、実地3単位)、日本産業衛生学会産業保健看護専門家制度(63単位)、日本歯科医師会生涯研修制度(7単位)の認定単位を取得できます。
 

 



«   |   »

123社

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト