武漢での新型コロナウイルス感染症対策㉑|科学的根拠に基づく渡航自粛地域③(20/03/13)
トップページ > 武漢での新型コロナウイルス感染症対策㉑|科学的根拠に基づく渡航自粛地域③(20/03/13)

武漢での新型コロナウイルス感染症対策㉑|科学的根拠に基づく渡航自粛地域③(20/03/13)

2020年03月13日(金)3:04 午後

プロフェッショナル産業医で知られる合同会社パラゴンによる 科学的根拠ある渡航自粛地域指定先候補情報その③です。

【方法】

2020年3月13日午前8時44分時点での米国ジョンズ・ホプキンス大作成の新型コロナウイルス性肺炎流行状況を元に、当「科学的根拠に基づく渡航自粛地域①」にある方法にて、今回は累積感染者数トップ14位までの地域・国家を対象に算出してみました。

 

【結果】

国家・地域間累積罹患率比2020年3月13日午前10時現在

 

【考察】

アメリカは、日本の1.006倍でした。トランプ大統領によってアメリカ政府が欧州からの渡航を禁止したこと、肯定できる結果でした。
また、ドイツ政府が国境での出入国を厳格化したとのころですが、26.1倍のノルウェー(諾威)をドイツの5.0倍で割ると、ドイツの5倍以上、ノルウェーは累積罹患率が高いことから、対応としては頷けます。



«   |   »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト