武漢での新型コロナウイルス感染症対策㉗|科学的根拠に基づく渡航自粛地域⑤(20/03/23)
トップページ > 武漢での新型コロナウイルス感染症対策㉗|科学的根拠に基づく渡航自粛地域⑤(20/03/23)

武漢での新型コロナウイルス感染症対策㉗|科学的根拠に基づく渡航自粛地域⑤(20/03/23)

2020年03月27日(金)12:33 PM

プロフェッショナル産業医で知られる合同会社パラゴンによる 科学的根拠ある渡航自粛地域指定先候補情報その⑤です。

【方法】

契約先の社員が在外生産拠点へ出張や赴任する際、どの地域は危険なのか判断を産業医は求められることがあります。それに資するようにと2020年3月26日午前10時時点での米国ジョンズ・ホプキンス大作成の新型コロナウイルス性肺炎流行状況を元に、当「科学的根拠に基づく渡航自粛地域①」にある方法にて、今回は累積感染者数トップ17位までの地域・国家を対象に算出してみました。

 

【結果】

累積罹患者数上位17地域と罹患率対日本比

 

【考察】

・アメリカでの累積罹患者数が、中国本土を超過していました。
・日本の順位は26位へと後退していました。
・欧州で外出禁止令の根拠として、この累積罹患率の増加、これまでの当シリーズとの比較にて納得できます。



«   |  


合同会社 パラゴン
モバイルサイト