武漢での新型コロナウイルス感染症対策㉙|【産業医向け予習】感染者が出た場合の保健所指示(20/03/31)
トップページ > 武漢での新型コロナウイルス感染症対策㉙|【産業医向け予習】感染者が出た場合の保健所指示(20/03/31)

武漢での新型コロナウイルス感染症対策㉙|【産業医向け予習】感染者が出た場合の保健所指示(20/03/31)

2020年03月31日(火)9:15 午後

産業医として、契約先で新型冠状病毒罹患者が出た場合、保健所から、どのような指導を受けるのか、戦々恐々の方もいらっしゃることでしょう。

ご安心下さい。千代田区保健所みなと保健所中央区保健所とどの保健所の通知をみても以下が共通です。

 

【準備事項】

・患者が在籍する部署のフロア見取り図や座席表をご用意ください。
・保健所との連絡窓口担当者を企業内であらかじめ決定してください。
 (1)飛沫感染対応患者の勤務状況、最終出勤日、行動履歴の確認や勤務先等の見取り図などにより、フロアの状況、座席の配置等を確認の上、濃厚接触者を決定します。
(2)接触感染対応アルコールまたは次亜塩素酸ナトリウム等による不特定多数が触れる場所(ドアノブやスイッチ等)の消毒について指導します。

【濃厚接触者への対応】

(1)濃厚接触者に対しては、最終接触日から2週間の自宅待機をお願いする場合があります。
(2)企業に対して、濃厚接触者のリスト作成をお願いします。(氏名、生年月日、年齢、住所、電話番号)
(3)保健所から濃厚接触者の自宅住所を管轄する保健所に対して、情報提供することを企業から濃厚接触者へお伝えください。
(4)濃厚接触者に対する健康観察毎日の検温を依頼し、勤務先で取りまとめの上、保健所にご連絡をお願いします。
 また、発熱等の体調不良時には、濃厚接触者本人の自宅住所を管轄する保健所が設置した「帰国者・接触者相談センター」へ連絡するようにお伝えください。

※企業の独自判断による濃厚接触者と濃厚接触者以外に対する在宅勤務の指示や健康観察期間の延長について、保健所は関与しません。
保健所は消毒場所や消毒剤等に関する指導はしますが、消毒は企業で実施していただきます。
※企業に対して、取引先や顧客に関する情報を求める場合があります。

 

★次亜塩素酸ナトリウムの作成方法は当シリーズ第25報をご参照ください。
★消毒業者としては 株式会社サニックス の「各種菌・ウイルス対策」が、同社は「院内感染予防」サービスまで展開していることから安心できます。

 



«   |   »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト