ストレスチェック その7|臨床心理士や産業カウンセラーは「実施者」になれるの?! (15/02/14)
トップページ > ストレスチェック その7|臨床心理士や産業カウンセラーは「実施者」になれるの?! (15/02/14)

ストレスチェック その7|臨床心理士や産業カウンセラーは「実施者」になれるの?! (15/02/14)

2015年02月14日(土)12:01 PM

ストレスチェックについて
ストレスチェック制度構築で知られる合同会社パラゴンがおくるストレスチェック制度(ストレスチェック及び面接指導)」についての仔細シリーズその7です。
第7回目は「臨床心理士」や「産業カウンセラー」は「実施者」になれないのか?!について解説します。

臨床心理士や産業カウンセラーでは実施者になれないのでしょうか
「臨床心理士」資格は大学院等できちんとした修練を経なければ取得できません。その後、「公認心理士」として国家資格化されました。従って実施者になれるはずです。

一方、産業カウンセラーは、取得後、キャリアコンサルタントという国家資格を取得可能な要件になりました。ただ、医療職とは別であるため実施者にはなれません。009

なお以前、日本労働安全衛生コンサルタント会の研修にて
「産業カウンセラーが、カウンセリングと称しては社員と逢っている。本当に必要なのか疑わしい」との疑念が出されたことがありました。

弊社代表によると、専属産業医をしていた会社では産業カウンセラーに社員が操られていて、気に入らない上司がいると“パワハラされたとコンプライアンス委員会にタレこみなさい”と陥れるかのような惨状があったそうです。

ただ、それは質的な吟味がない時代の話であって、今や雇用の流動化という状況にあって、適材適所を推進される重要な役目を果たせるにまで至っています。

 

 8903e792-9cde-4288-8f18-1654efb9b04c-medium



«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト