ストレスチェック その9|派遣労働者とストレスチェックについて (15/02/15)
トップページ > ストレスチェック その9|派遣労働者とストレスチェックについて (15/02/15)

ストレスチェック その9|派遣労働者とストレスチェックについて (15/02/15)

2015年02月15日(日)9:38 PM

ストレスチェックについて
ストレスチェック制度(ストレスチェック及び面接指導)」についての仔細シリーズその9です。

第9回目は派遣労働者とストレスチェックについて解説致します。


第8回で紹介したように、一般定期健康診断と違い、労働者にはストレスチェックを受ける義務は規定されていませんでした。
また、常時使用される労働者でなければ対象にもなりませんでした。

では、派遣労働者については誰がストレスチェックを実施しなければならないのでしょうか?

正解は、一般定期健康診断と同じく、派遣元事業主がストレスチェックを実施する必要があります。従って派遣労働者は、ストレスチェックを派遣元で受けることが求められます。

ただ、一般的な ストレスチェック結果に基づいた高ストレス者に対する医師による面接指導を実施した後の事後措置としては、事業者は医師の意見を聴取し、その意見を勘案して、必要に応じ、就業場所の変更、作業の転換、労働時間の短縮等の就業上の措置を講じることとされています。

しかしながら派遣労働者については、法令上、派遣元事業者に就業上の措置の義務が課されていますが、以下の留意点があることも踏まえて、就業上の措置の実施に当たっては、必要に応じて派遣先と連携しつつ、適切に対応することが適当とされています。

① 労働者派遣契約では、あらかじめ業務内容、就業場所等が特定されており、派遣元が一方的にそれらを変更するような措置を講じることは困難であること。

② 就業場所の変更、作業の転換等の就業上の措置を実施するためには、労働者派遣契約の変更が必要となるが、派遣先の同意が得られない場合には、就業上の措置の実施が困難となるため、派遣先の変更も含めた措置が必要となる場合もあること。

011

 41461b78-356c-4fb1-8c1b-98852cfb10e5-medium



«   |   »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト