ストレスチェックその36|ストレスチェック制度関係の告示公表(15/04/15)
トップページ > ストレスチェックその36|ストレスチェック制度関係の告示公表(15/04/15)

ストレスチェックその36|ストレスチェック制度関係の告示公表(15/04/15)

2015年04月17日(金)1:25 AM

改正労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」の具体的な運用方法を定めた告示が公表されました。

 

厚生労働省は、平成26年6月25日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、新たに設けられた「ストレスチェック制度」の具体的な内容や運用方法を定めた省令を公布するとともに、告示、指針(心理的な負担の程度を把握するための検査及び面接指導の実施並びに面接指導結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針)を定め公表しました。

047

 ストレスチェックの実施者に関し厚労大臣が定める研修に関する告示のポイント

1 告示の内容

○ ストレスチェックの実施者のうち、看護師または精神保健福祉士について、労働安全衛生規則第52条の10第1項第3号の厚生労働大臣が定める研修は、次の各号に定めるところにより行われる学科研修(これに相当する研修で、平成27年12月1日前に開始されたものを含む)とする。

    一 次のイからハまでに掲げる科目について、それぞれイからハまでに定める時間以上行われるものであること。

       イ 労働者の健康管理 2時間

       ロ 事業場におけるメンタルヘルス対策 1.5時間

       ハ 事業場における労働者の健康保持の増進を図るための労働者個人、労働者の集団に対する支援の方法 1.5時間

    二  前号の研修を適切に行うために必要な能力を有する講師により行われるものであること。

    三 前二号に定めるもののほか、研修の実施について必要な事項は、厚生労働省労働基準局長の定めるところによるものであること。

2  適用日

平成 27 年 12 月1日

 ea3a42c4-6895-4be9-aa02-8884a007ecc1-medium



«   |   »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト