メンタルヘルス増強|レジリエンスを高める⑫(15/09/08) 五大栄養素の最後 ミネラル
トップページ > メンタルヘルス増強|レジリエンスを高める⑫(15/09/08) 五大栄養素の最後 ミネラル

メンタルヘルス増強|レジリエンスを高める⑫(15/09/08) 五大栄養素の最後 ミネラル

2015年09月08日(火)9:01 PM

ストレス耐性を高めメンタルヘルスを増強する方法を紹介するシリーズ「レジリエンスを高める」その12です。

第6回からしばらく、レジリエンス(Resilience)を高めるための基本要素からおさらいするために、レジリエンスを高めるための基盤には生物や動物としての体力の強靭化と,ストレス源によって誘起される炎症促進作用に対して耐えられるだけの体質の向上が必須条件であることを論じてきた立場から、基礎にある栄養学についておさらいをしております。

今回は五大栄養素の最後です。

5. ミネラル(Mineral)

無機質とも呼ばれ、ビタミンと同様に身体の様々な機能の調整を司っています。体内にきわめて微量しか存在していませんが、ミネラルは他の栄養素では補うことができないため必須の栄養素です。
代表的なミネラルにはカルシウム、鉄、ナトリウム、リン、マグネシウム、リチウム、セレン、ヨウ素などがあります。

・カルシウムやリンは骨・歯などの硬組織を形成します。またカルシウムは血液、筋肉、神経の生理機能の調整を行います。柴胡加竜骨牡蠣湯に抗うつ、抗不安、降圧効果があるのは、カルシウムが豊富だからということが判りましょう。

・鉄は酸素を運ぶヘモグロビンの中心に座しています。鉄は酸化しやすいですよね。その性質を生命は活用しているのです。不思議ですよね。
・カリウムには、神経における電気信号の伝達作用や体内の水分調整作用があります。
・リンには酸・塩基平衡の維持といった、生命維持に必要な働きがあります。

5c70f4dd-f29a-4c7e-9850-4791a210f604-medium dce756c3-3778-451f-a4cc-bdf30d386691-medium

 

 

 



«   |   »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト