メンタルヘルス増強|レジリエンスを高める⑬【特別編】竹中平蔵教授の教え(15/09/12)
トップページ > メンタルヘルス増強|レジリエンスを高める⑬【特別編】竹中平蔵教授の教え(15/09/12)

メンタルヘルス増強|レジリエンスを高める⑬【特別編】竹中平蔵教授の教え(15/09/12)

2015年09月13日(日)5:07 PM

中国発の世界的流動性低下懸念(日本でも株価暴落が発生)に関してストレスを感じ、メンタルヘルスに支障が及んでいる方もいらっしゃることでしょう。
合同会社パラゴン代表社員 櫻澤博文が不確実性が高い時の道先案内人としている経済人は以下です(敬称略)。

行天豊雄

澤上篤人

竹中平蔵

伊藤元重

 

うち、9月12日に竹中平蔵教授の講演会に参加するきっかけがあったので読者のレジリエンス向上に期するものと考え報告します。

【期待できる良い事】 

アジアにおける中間所得層が現在の5億人から、2020年には17億人へと、3.5倍も増加
→ 訪日人数が増えることでのインバウンド消費増が期待可能。

【懸念される事】

①世界第2位の輸入大国である中国の輸入量が対前年比14%も低下している。リーマンショック時のアメリカの12%より大きい。

②中長期にかけて、中国の低成長化懸念がある。

 

【日本の課題】

① 社会保障改革は待ったなし。年金を受け取らなくても生活できる方への年金支給はやめるべき(経団連会長にも支払われている)。
② 成長戦略として 法人税減税と 規制緩和は着実かつ確実に実行されなければならない。
       特に医療における様々な規制は緩和されなければならない。

   なぜなら、投資機会が広がるから。

 

bc6aeac4-043e-4ed4-8243-d0ca61dab9b6-medium



«   |   »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト