インフルエンザ情報③(17/09/20)
トップページ > インフルエンザ情報③(17/09/20)

インフルエンザ情報③(17/09/20)

2017年09月20日(水)10:54 PM

早くも合同会社パラゴンが2017年、公開するインフルエンザ関係情報は3回目になりました。前回の9月11日に9.11アタックを受けたフェースブックもお陰様で快復しました。

本題です。
川崎市で学園閉鎖が確認されました。川崎が危険ということではなく、川崎は、岡部信彦先生が控えているから、しっかりしているということです。

なお、産業医先には、中国での感染防御が失敗し、2003年のSIRS流行より恐ろしい事態になっている新型インフルエンザもとても心配であること、伝えていますす。 何しろ当社代表は、SIRS流行中、渡航自粛となっていたトロントを通過しただけで、自宅隔離という感染防御措置を講じられた立場だったこともあります。


そもそも今年の「やませ」吹く冷夏の影響は、野菜や米の品質低下、サンマの不良だけの話ではありません。大枚 はたいて タイ米を輸入した時と同じような不作の年。これが江戸時代だったら飢饉・・・今でも集団免疫力が春先から低下していること、危惧し続けていましたが、感染症流行の実際・・・危惧した通りになっています。。


そんな中でも8月7日に公開されたものの、今もって、今秋の予防接種株として何が選ばれたのか選定背景は秘匿されたまま

我が国では、未だ、インフルエンザ予防接種のワクチンを鶏卵を使って製造していること、知らない方も多くいます。
どうして鶏卵なの??? 民主主義の限界・・・一票の差という人権格差問題すら、考えさせられていない方々が首都圏に多いという、現代の問題とも通じる問題です。 未だ 百姓は 生かさぬよう、殺さぬよう  そういう既得権益に蹂躙されているかのよう。

 

 

 



«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト