メンタルへの悪影響防止!産業医先への紹介情報:インフルエンザ流行が早く始まった理由を踏まえた最新対策(14/12/10)
トップページ > メンタルへの悪影響防止!産業医先への紹介情報:インフルエンザ流行が早く始まった理由を踏まえた最新対策(14/12/10)

メンタルへの悪影響防止!産業医先への紹介情報:インフルエンザ流行が早く始まった理由を踏まえた最新対策(14/12/10)

2014年12月11日(木)10:09 PM

2014年、インフルエンザの流行が例年より3週間は早く始まりました。心配される方々は気もそぞろでしょう。
罹ったお子様をお抱えのご両親のメンタルにも悪影響を及ぼしかねません。
インフルエンザ対策の合同会社パラゴンは なぜなのかを踏まえた対策を産業医 契約先に紹介開始しております。

国立感染症研究所感染症疫学センター によると AH3亜型(A香港型)が流行の中心で、
低年齢者に免疫抵抗がない背景があるとの考察がありました。
ご存じのように、2009年以降、豚由来インフルエンザが流行し続けていました。
この頃より後に生まれたお子様型は、A香港型に曝されていないため、抵抗力(獲得免疫)が
十分ではない事が理解出来ます。

仔細が調査されている横浜市の状況を確認してみました。

10歳未満で始まった流行が現在、10代まで広がりをみせています。

その理由は、予防接種のワクチン株とは違うタイプが流行の主体だからと、弊社の考察を裏付ける検証結果が得られています


実際の流行状況を確認する有用な情報入手先を紹介します。

MLインフルエンザ流行前線情報DB2014-2015年版
→有志により運営されています。

東京都感染症情報センター

薬局サーベイランス日報
→ 流行が 日の単位で確認可能です。

 047e75aad8e-c1f3-4062-a77e-09aca88fac6a-medium



«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト