川崎市第43週週報「先天性風しん症候群の発生を防ぎましょう」(18/11/02)
トップページ > 川崎市第43週週報「先天性風しん症候群の発生を防ぎましょう」(18/11/02)

川崎市第43週週報「先天性風しん症候群の発生を防ぎましょう」(18/11/02)

2018年11月04日(日)10:06 PM

2018年9月5日に風しん対策を感染症対策でも有数な産業医集団である合同会社パラゴン(東京都港区)が取り上げた後、

2018年9月19日に首都圏の主な自治体での風しん対策を集約して取り上ました。

遅れること2か月。11月に入りニュースで取り上げられるからでしょう。風しんに関する質問が、産業医先の衛生委員会でも寄せられます。

川崎市も第43週(10/22-10/28)の週報にて「先天性風しん症候群の発生を防ぎましょう」を紹介しました。

川崎市の風しん対策に向けた助成としては、抗体測定は無料、自己負担額3,200円で予防接種が可能です。

 

 

 



«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト