神奈川県|ノロウイルス食中毒警戒情報発令(18/11/12)
トップページ > 神奈川県|ノロウイルス食中毒警戒情報発令(18/11/12)

神奈川県|ノロウイルス食中毒警戒情報発令(18/11/12)

2018年11月19日(月)8:59 PM

 

神奈川県健康医療局生活衛生部生活衛生課は2018年11月12日に「ノロウイルス食中毒警戒情報」を発令しました。

 

家庭での予防のポイント

1 外出先から帰宅した後、トイレの後、調理の前、食事の前には石けんを使ってよく手を洗いましょう。

2 まな板など調理器具は、十分に洗浄し、熱湯や台所用漂白剤で消毒をしましょう。

3 嘔吐物、排泄物などを処理する場合は、直接触れないようにしましょう。もし、触れた場合には、石けんを使ってよく手を洗いましょう。

4 カキなどの二枚貝が感染源になることがあるので、二枚貝の取扱いには十分注意し、中心部まで加熱調理(85℃から90℃で90秒以上)して食べましょう。

 

川崎市感染症週報第45週(11/5-11) 

感染性胃腸炎を啓発しました。

 

食事や調理の前、トイレの後等は、必ず手を洗う。

◆下痢や嘔吐などの症状がある場合は、食品を直接取り扱う作業は控える。

◆貝類や肉類は中心部まで十分加熱する。

(85℃~90℃で90秒以上)

◆調理器具は使用後、洗って熱湯消毒する。

◆嘔吐物や便は、次亜塩素酸ナトリウムを利用し、適切に処理する。

 

 

東京都におけるインフルエンザ流行株

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/flu/flu/

 

AH1pdm09が 2/3

A香港型が 1/3

 

ちなみに東京都の遺伝子系統樹調査からAH1pdm09だと予防接種ワクチン効果があるが、

A香港型だと半分がワクチン効果低下

 

予防接種に関してはknow-VPD が 参考になります。

 

以上、メンタル、感染症防疫、そして発達障がい者支援のプロフェッショナル産業医で知られる合同会社パラゴン(東京都港区)が提供しました。



«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト