インフルエンザ対策2018④(18/11/21)
トップページ > インフルエンザ対策2018④(18/11/21)

インフルエンザ対策2018④(18/11/21)

2018年11月21日(水)11:18 PM

メンタル産業医で知られる合同会社パラゴン(東京都港区)が直近のインフルエンザ情報をお届けします。


〇新薬 バロキサビルの作用機序や副作用の紹介


〇インフルエンザ感染後の出勤停止措置について

上記のように短期間で治療効果を発揮する薬が出てきてはいます。服薬や吸入にて症状は緩和されるのは事実でも、体内で分裂し咳やくしゃみ、喀痰で体外にウイルスが排出されなくかるわけではありません。従って最低5日は休む必要があり、その5日で治らなかったら解熱してから最低2日は余計に休むことが、公衆衛生という概念を持つ医師からは指示されます。

インフル患者が増えた方が、自分が儲かると考えている医者からは、そんなことは言われません。

 



○川崎市第46週(11/12-11/19)週報 百日咳

 

MLインフルエンザ流行前線状況DB

→感染者数が③の時より広範囲に。



«   |   »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト