風しん対策2019⑤(19/03/21)
トップページ > 風しん対策2019⑤(19/03/21)

風しん対策2019⑤(19/03/21)

2019年03月21日(木)9:35 PM

メンタル産業医」で終わらず、身体面のケアもできる産業医を目指す全国の産業医向け情報をプロフェッショナル産業医で知られる合同会社パラゴンより「風しん対策情報2019⑤」をお届け致します。

風しんの追加的対策について」にて、1962年(昭和37 年)4 月2 日~1979年(昭和54 年)4 月1 日生まれの男性は「風しん第5 期定期接種」対象と区分されること、2019年2月5日付け風しん対策2019② にて紹介しました。

その年代の男性は、積極的に風しん抗体検査を受け、必要に応じて予防接種を受けることが勧奨されることになりました。そしてその為の補正予算が組まれる見込みとなったことを紹介しました。


その後、国立感染症研究所(東京都新宿区戸山)から発信された「 風疹流行に関する緊急情報:2019年3月13日現在」によると、初年度である2019 年度は、若い方の1972年(昭和47 年)4 月2 日~1979年(昭和54 年)4 月1 日生まれの男性を対象に、市区町村から受診券が送付されることとなったそうです。

この期間以外の生誕者であっても市区町村に希望したら、受診券は発行され、つまりは無料で抗体検査を受検できる手筈が整えられるそうですのでご安心ください。



«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト