労働新聞社、「働きやすい職場づくりのヒント」を紹介(18/04/09)
トップページ > 労働新聞社、「働きやすい職場づくりのヒント」を紹介(18/04/09)

労働新聞社、「働きやすい職場づくりのヒント」を紹介(18/04/09)

2018年04月07日(土)9:14 PM

人事・労務・経営・安全衛生の情報発信で時代をリードする労働新聞社(https://www.rodo.co.jp/column/43058/)が、労働新聞4月9日号にて合同会社パラゴン代表櫻澤博文監修のキャリアコンサルティングに活かせる 働きやすい職場づくりのヒント』(金剛出版刊)を以下のようにご紹介くださいました。
 

集団分析の有用性説く

産業医、社会保険労務士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントなどの専門家が働きやすい職場づくりについて語った一冊。一貫するキーワードとして「キャリア」を掲げている。企業が勝ち残るためには労働者一人ひとりのキャリアが大切だという。イノベーションが求められる時代には、画一的な人事では対応できないためだ。

9章ではプレゼンティーズム(精神面を含め健康上の理由でパフォーマンスが低下している状態)はアブセンティーズム(病気による休業)よりも経済的損失が大きいという試算結果を紹介。プレゼンティーズムは上司の支援や働きがいと密接に関係するとし、ストレスチェックの集団分析の重要性を明らかにしている。
 

確かに第9章は、当サイトでも取り上げたように、健康経営を担う企業にとっても、有用な情報が盛り込まれています。

 この書籍は、以下のアマゾン サイトからも購入可能です。
http://amzn.asia/jkslaBu



 
 
  
  
 
 
 
 
 
  
  
  
 
  



«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト