記事一覧
トップページ > 感染症情報産業保健

記事一覧

米国CDC(アメリカ疾病管理予防センター)が発信した新型コロナウイルス性肺炎(2019-nCoV)情報を基にした企業の産業医や衛生管理者が執るべき対応について紹介します。   【症状】発熱、咳嗽、息切れ等 【潜 […]

記事を読む »

2020年 1月14日、神奈川県内の医療機関から管轄の保健所に対して、中華人民共和国湖北省武漢市の滞在歴がある肺炎の患者が報告されました。 この方は、1月6日に、一度、医療機関を受診していました。かつ武漢市の滞在歴の申告 […]

記事を読む »

【コロナウイルスとは】 人を含めた動物に対して広く感染症を引き起こすウイルスの一種で、 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られています。 うち、SARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS […]

記事を読む »

2003年にSARSといわれるコロナウイルス感染が世界を震撼させました。当時、日本国政府によって渡航自粛地域とされたトロントを通過したことから国内で唯一、公式に自宅隔離措置を講じられた経験を合同会社パラゴンの代表医師は持 […]

記事を読む »

合同会社パラゴンの代表医師は2003年のSARS流行時、渡航自粛地域だったトロントを通過したことから国内で唯一、自宅隔離措置を講じられた経験を持ちます。 従って当社は発足以来、メンタルヘルスの推進に加え感染症対策において […]

記事を読む »

インフルエンザ感染拡大が続いています。例えば横浜市による2019 年第51週(12月 16日~22日)の定点あたりの患者報告数は、横浜 市全体で 24.06 となり、前週より増加しています。 年齢別では、10 歳未満の報 […]

記事を読む »

全国的にインフルエンザの感染拡大が確認されています。 そこで感染症対策でもプロフェッショナルな産業医集団である合同会社パラゴンが、第50週(12/9-12/15)におけるインフルエンザ流行情報を集約しておとどけします。 […]

記事を読む »

横浜市がインフルエンザ流行情報9号を公開しました。 対して2019年だけでインフルエンザ情報を13号も出しているプロフェッショナル産業医で知られる合同会社パラゴン(東京都港区)が以下を記載します。 【総括】いよいよ本格的 […]

記事を読む »

北日本では猛吹雪の中、インフルエンザが確実に感染拡大を遂げています。対して横浜市がインフルエンザ流行情報8号  を公開しました。 以下が大切な点です。 ・2019年第47週(11月18日~24日)の定点あたりの感染者数は […]

記事を読む »

紅葉も山々を彩り始め、北海道では雪の便りが聴かれるようになりました。インフルエンザ流行も確実に悪化しています。そんな中、横浜市がインフルエンザ流行情報5号(https://www.city.yokohama.lg.jp/ […]

記事を読む »

次のページへ »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト