高度プロフェッショナル制度への面接も対応(15/06/06)
トップページ > 高度プロフェッショナル制度への面接も対応(15/06/06)

高度プロフェッショナル制度への面接も対応(15/06/06)

2015年06月06日(土)10:39 PM

高度な専門知識があり、一定の年収要件を満たす労働者については、労働基準法による「労働時間規制」を外し、企業が残業代を支払わなくてもよいとする「特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)」を盛り込んだ改正労働基準法が成立しています。

この高度プロフェッショナル制度に該当する方々に対しては、長時間労働者への医師による面接制度と異なり、月当たりの残業時間が100時間を超えたら全員、医師による面談という支援が与えなければなりません。

ストレスチェック制度での医師による面談の整備もままならない企業が多いと聴いています。合同会社パラゴンはその医師による面談という支援の提供についても万全の体制を整えております。
001



«   |   »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト