「進撃の巨人」による咳エチケットポスターとは(17/12/22)
トップページ > 「進撃の巨人」による咳エチケットポスターとは(17/12/22)

「進撃の巨人」による咳エチケットポスターとは(17/12/22)

2018年01月04日(木)10:58 AM

薬局サーベイランス日報によると、12月としては大きな流行となったインフルエンザ。

 咳エチケットの啓発に「進撃の巨人」を厚生労働省が活用しています。

ダウンロード可能なサイトはこちらです。

 

 

ただ、全国の産業医の皆様。罹っている方は、職域では少ないという意識をお持ちのことかと思います。

 

理由は

①流行の主体はAH1pdmという、2011年にメキシコから流行開始となった豚由来インフルエンザが52.3%。

②2011年に曝露を受けた方や、それ以降、毎年のように予防接種に、このAH1pdm対策が行われていることからも、2011年より前に生まれていた方々は、抵抗力があるものと考えられる。

実際、安井良則先生が算出されているように20代は、0.74%しか罹っていない。

③対して、2011年より後に生まれた方々は、予防接種を受けていないと抵抗力が弱い可能性がある。

実際、5~9才の累積罹患率は6.6%にも及ぶ。

このように考察可能です。
  
   産業医されている契約先に、こう説明されてみてください。 

 



«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト