ストレスチェック実施後の職場環境改善事例動画が公開(18/01/12)
トップページ > ストレスチェック実施後の職場環境改善事例動画が公開(18/01/12)

ストレスチェック実施後の職場環境改善事例動画が公開(18/01/12)

2018年01月12日(金)10:09 AM

2017年12月4日(東京)、14日(大阪)にて開催された平成29年度「職場のメンタルヘルスシンポジウム~ストレスチェック集団分析結果等を活かした職場環境改善~(※)」の動画が公開されています。
 

ストレスチェック制度施行2年目。

ストレスチェックは、セルフケアとして、労働者の自身がストレスに気づきを与え、また、高ストレスと判断された方に医師による面接指導が実施されています。

他方、厚生労働省.平成28年労働者健康状況調査によるとすでに37.1%の企業で実施されている集団分析の結果を活用しての働きやすい職場環境改善への取り組みという、一次予防の方が、上記セルフケアが二次予防に過ぎないことから、より重要であると合同会社パラゴンは考えていますし、代表は過労死等防止対策推進シンポジウムでも述べてきました。


なぜなら、マンガでも紹介されたように、企業や団体という事業所の健康度向上は、働く方どうし、助け合い、いたわりあい、協力しあうという働きやすい職場環境づくりになるだけではなく、組織風土や組織文化まで改善され、労働者の労働意欲は向上するのみならず、生産性まで高まっていく事例があるからです。


折しも、厚生労働省は「平成29年度職場のメンタルヘルスシンポジウム事業」という委託事業を実施しました。そこで確認された良好事例が紹介されました。

参加した当社代表によると、医学部で同級生であり、現役の産業医として、知行合一をはかっている吉川徹医師の説明と、株式会社フジクラの浅野健一郎氏による取組に感銘を受けていました。



«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト