ストレスチェック63|実施者向け解説:集団分析について(15/07/04)
トップページ > ストレスチェック63|実施者向け解説:集団分析について(15/07/04)

ストレスチェック63|実施者向け解説:集団分析について(15/07/04)

2015年07月04日(土)9:58 PM

Q2 集団ごとの集計・分析は、必ずしなければならないのか?

 

合同会社パラゴンには日々、多くのストレスチェック制度導入に関しての質問が寄せられています。人事労務実務のQ&A2015年4月号にてストレスチェックの解説記事を執筆した立場から、今回も寄せられた疑問箇所の解消を目的とした解説を紹介します。045

ストレスチェック制度は、労働者がメンタルヘルス不調となることを未然に防止するという、一次予防の取組みを強化することを目的としています。そう考えるなら、当然に集団ごとに、そこでの仕事の量的負荷や同僚または上司の支援を集計・分析するという職場環境の評価と、勤務形態又は職場組織の見直し等、職場環境を当然に改善してもらいたいものでしょう。

 

しかしながら、労働安全衛生規則52条の14には、努力義務までしか課せられませんでした。

 その理由としては、① 高ストレス者と区分された労働者を出した上司が、更迭されるのを防ぐ

② 努力義務ではなく義務としてしまうと、助成金を出せなくなる。

以上が考察されています。




«   |   »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト