2019年度「運輸ヘルスケアナビシステム」のご案内(19/07/01)
トップページ > 2019年度「運輸ヘルスケアナビシステム」のご案内(19/07/01)

2019年度「運輸ヘルスケアナビシステム」のご案内(19/07/01)

2019年07月04日(木)12:17 AM

運輸ヘルスケアナビシステム」とは、全日本トラック協会(東京都新宿区)が、定期健康診断の事後措置の徹底を図る支援の一環として2017年に構築したトラック事業者に特化した健康支援システムです。

その内容は、単に定期健診結果を踏まえた健康起因事故防止を目指す内容となっているだけではなく、睡眠時無呼吸症候群や軽度認知症(MCI)、時間外労働、適性診断、そして事故歴まで一元管理できる優れたシステムです。

それが今や一人あたり500円(全日本トラック協会による同額の補助あり)にて使えるようになっています。

くわしくはこちらから。

 

 



«   |   »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト