ストレスチェック その15|面接指導とは (15/02/21)
トップページ > ストレスチェック その15|面接指導とは (15/02/21)

ストレスチェック その15|面接指導とは (15/02/21)

2015年02月21日(土)6:43 AM

ストレスチェック制度(ストレスチェック及び面接指導)」についての仔細シリーズその15です。
 

第15回目はストレスチェック実施後の面接指導についてを解説致します。


面接指導を実施するに際して注意事項を今回は紹介します。

1>まず面接指導の実施者を決めておく事前準備が必要です。
事業者が面接指導の実施を指示する医師としては、当該事業場の産業医や契約している労働衛生コンサルタント資格を持つ医師が望ましいです。
また、面接指導の実施を外部の健診機関やEAP(従業員支援プログラム)等の医師に業務委託する場合には予め、当該機関が適切にストレスチェックや面接指導を実施できる医師がいたり、体制が整備しているのかどうか、情報管理が適切になされるかどうかなどにつき十分確認しておきましょう。“選球眼”については後日紹介します。020

2>次に面接指導の対象者を把握する必要があります。
面接指導の申出を行った労働者が、面接指導の対象に該当するかどうかを事業者が確認するためには、当該労働者が高ストレスと評価された者か否かを把握する必要があります。そのためには申出がなされた際に、以下のいずれかの方法で対象に該当するかどうかを事業者が把握する必要があります。
① 当該労働者から個人のストレスチェック結果の提出を求める方法。
② ストレスチェックの実施者に当該労働者の該当の有無を確認する方法。

3>面接指導の実施時期
労働者から申出があった後、遅滞なく面接指導を行えるようにしておく必要があります。021

4>面接指導の実施方法
面接指導においては、以下に掲げる事項を医師が確認することになっています。
① 当該労働者の勤務の状況(労働時間、業務の内容等について予め事業者から情報を入手)
② ストレス要因(職場の人間関係や前回検査以降の業務・役割の変化の有無等)
③ 心理的な負担の状況(抑うつ症状等)
④ 周囲のサポートの状況
⑤ 心身の状況の確認(過去の健診結果や現在の生活の状況の確認を含む。必要に応じてうつ病等やストレス関連疾患(胃・十二指腸潰瘍、高血圧症、気管支ぜんそく、顎関節症等の疾患でストレスが関連するもの)を念頭においた確認を行う。

 

 62eba95f-5080-4e12-bbf2-bedf500e6c28-medium



«   |   »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト