メンタルヘルス増強|レジリエンスを高める⑥(15/08/23)  栄養学の基礎
トップページ > メンタルヘルス増強|レジリエンスを高める⑥(15/08/23)  栄養学の基礎

メンタルヘルス増強|レジリエンスを高める⑥(15/08/23)  栄養学の基礎

2015年08月23日(日)3:03 PM

ストレス耐性を高める方法を紹介するシリーズ「レジリエンスを高める」その6です。

今回からしばらく、レジリエンス(Resilience)を高めるための基本要素からおさらいしながらストレス耐性の向上を通じたメンタルヘルス増進を目指す内容を紹介してまいります。

 

これまでレジリエンスを高めるための基盤には、生物や動物としての体力の強靭化と,ストレス源によって誘起される炎症促進作用に対して耐えられるだけの体質の向上が必須条件であること、論じてまいりました。そのための基礎をしばらく記載することにします。

 

1.  栄養と栄養素の違い

① 栄養(Nutrition):成長・生育や体温維持といった生命現象を営むために、生物は外界から必要な物質を取り入れています。この生命現象の営みを栄養といいます。

 

② 栄養素(Nutrient):生命現象を営むために外界から取り入れる栄養の素材を「栄養素」といいます。したがって04eacbde-aa52-4f6c-a806-9f156c3c721a-medium様々な食品をバランスよく食べ、栄養素において過不足がない状態であるときが栄養が良い状態と捉える事が可能です。

 

 



«   |   »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト