ストレスチェック その31|ストレスチェック制度の課題とプロ産業医によるその解決法⑤『産業医制度との整合性』(15/03/13)
トップページ > ストレスチェック その31|ストレスチェック制度の課題とプロ産業医によるその解決法⑤『産業医制度との整合性』(15/03/13)

ストレスチェック その31|ストレスチェック制度の課題とプロ産業医によるその解決法⑤『産業医制度との整合性』(15/03/13)

2015年03月13日(金)12:38 AM

ストレスチェック制度(ストレスチェック及び面接指導)」についての仔細シリーズその31です。

第31回目はストレスチェック制度の抱える課題とプロ産業医による解決法⑤です。

ストレスチェック制度を導入するにあたって、産業医制度との整合性が問題視されていたことが報じられています。030

仔細は堀江による.健康開発誌18巻3号上に記載されていますが、このストレスチェック制度導入の裏に、労働安全衛生関連法規の根幹のうちの一つである産業医制度を揺るがす暗躍があった事象が明示されています。すなわち事業所の安全衛生を外部機関に担わせたいかのような業者の存在の記載がありました。本来、当制度とは全く別の論点であるものなのにです。

確かに全ての産業医が労働法に基づく職務を全う出来ているわけではない実際もありましょう。そこは反省すべき点です。しかしながら職能集団としてその説明責任を果たすために日本産業衛生学会は専門医制度を整えています。また労働衛生コンサルタントという国家資格も存在しています。悪貨が良貨を駆逐してきた歴史を繰り返させてはなりません。

本来、ストレスとは病気の原因にもなりうりますが、一方、将来の活力というプログレスの源にもなりえます。今回の「ストレスチェック制度」導入が、医師や健診機関、EAPらの鼎の軽重を問うものであることは第22回 と  第23回において記載しました。

弊社は“ストレス(チェック)はプログレス”を合言葉に、成長発展の糧にしていく思いを新たにしつつ記載致しました。

 

参考

堀江正知.職場のメンタルヘルス対策としてのストレスチェックの法制化.健康開発18(3):17-39,2014

 

 3df2ec93-81b8-4f65-928f-5067a3d974d5-medium



«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト