健康長寿の実現を目指して|第30回日本医学会総会2019中部報告②(19/04/29)
トップページ > 健康長寿の実現を目指して|第30回日本医学会総会2019中部報告②(19/04/29)

健康長寿の実現を目指して|第30回日本医学会総会2019中部報告②(19/04/29)

2019年04月30日(火)2:23 PM

第30回日本医学会総会2019中部」にて紹介されていた、健康長寿(Productive Aging)に関する情報を、介護支援でも最適解を提供する産業医集団 合同会社パラゴンが紹介するシリーズその2です。

今井眞一郎教授@ワシントン大学医学部より

哺乳類の老化・寿命制御システムとしてNAD-Worldが解明されてきている。それは
①視床下部が高次の老化のコントロールセンター
②老化とeNAMPT量は反比例関係にある。
eNAMPTはNAD+合成の主要酵素の細胞外での形。脂肪細胞から分泌される。
NAMPTの主要反応産物(NMN:nicotinamide mononucleotide)が、マウスだと紅斑かつ顕著な抗老化作用を示す。
③SIRT1が老化・寿命盛業な重要な役割を果たしている。

それらの所見からみたら、抗老化には、以下がカギ。
1.視床下部の安定化:規則正しい生活
2.起床後の血糖値上昇:朝食摂取
3.脂肪の分解とアディポネクチン増加:運動の実践

 

 


「2-2-8 認知症と正しく向き合うために-予防と治療のシンポ」より


1. 認知症と診断されていても、画像診断上は2割が偽陽性、認知症との診断がなされてはいなくても、剖検上は4割が偽陰性というように、確定診断を下すことが難しい病態が認知症。

2.レビー小体型認知症の特徴:行動異常、病状の変動が日内~数か月単位である、転倒しやすい。

3. 前頭側頭型認知症の特徴:食行動異常が出やすい。


4.65才以上でみると、BMIが25を超す人の方が、認知症になるリスクは4割近く減っていた。

5.「認知症カフェ」が、今や全国で6千か所以上、運営されている。困ったことがあったら、何でも相談を寄せると良い。

6.認知症ちえのわnet

認知症の支援者が、認知症の支援者のために、認知症の人におこる様々な症状に対する対応法を持ちより、持ち寄られた対応法を、統計的手法により、その妥当性検証を行うことで、「うまくいく」確率として推薦できる支援の優先度を紹介するサイトです。

 



«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト