職業関連性ストレスと生産性低下との関連を扱ったメンタル論文紹介(15/04/08)
トップページ > 職業関連性ストレスと生産性低下との関連を扱ったメンタル論文紹介(15/04/08)

職業関連性ストレスと生産性低下との関連を扱ったメンタル論文紹介(15/04/08)

2015年04月08日(水)1:19 AM

従業員の職業関連性ストレスが高い職場ほど、出勤しているのに心身の不調により頭や体が働かず、生産性が低下してしまうというPresenteeismが頻発するという結果が報告されています。

従業員のメンタルヘルス状態の改善は、業務効率の改善や従業員ひとりひとりのパフォーマンスを最大限発揮するために重要です。029

参考

Rantanen I, R Tuominen. Relative magnitude of presenteeism scales in chronic work-related factors affecting them among health care professionals. Int Arch Occup Environ Health 84(2):225-30;2011



«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト