平成30年度より拡充された産業保健関係助成金について(18/06/13)
トップページ > 平成30年度より拡充された産業保健関係助成金について(18/06/13)

平成30年度より拡充された産業保健関係助成金について(18/06/13)

2018年06月13日(水)10:30 PM

労働者健康安全機構による産業保健関係の助成金が、平成30年度より、更に拡充されました。

金剛出版「働きやすい職場づくりのヒント」を合同会社パラゴン代表は監修させてもらいました。
そこでの記載より、新しい情報となるので紹介します。

 

従来から、労働者の健康管理、健康教育その他の健康に関する業務について、事業者及び産業医等の産業保健関係者が行う自主的な産業保健活動を支援する助成金が用意されていました。

 

平成27年度より「ストレスチェック助成金」事業が

平成29年度からは加えて、「職場環境改善計画助成金」「心の健康づくり計画助成金」「小規模事業場産業医活動助成金」が新たに実施されていました。

 

 

 平成30年度からは、「心の健康づくり計画助成金」の対象を従来の「企業本社」に「個人事業主」が加えられました。

また「小規模事業場産業医活動助成金」を「産業医コース」「保健師コース」「直接健康相談環境整備コース」の3つのコースに分け、対象範囲が拡大されています。

 

 

それぞれの申請方法は以下

 

ストレスチェック助成金

 

職場環境改善計画助成金

 

心の健康づくり計画助成金

 

小規模事業場産業医活動助成金(産業医コース)

 

小規模事業場産業医活動助成金(保健師コース)


小規模事業場産業医活動助成金(直接健康相談環境整備コース)

 


小規模事業場が産業医と締結する産業医活動契約、又は保健師と締結する産業保健活動契約のいずれかに、契約した産業医又は保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備した条項を含めた場合に助成するものです。  

 

以上を通じて事業者が、労働者に対する産業保健サービスの提供を拡大することで、労働者の健康の確保がより容易になることでしょう。




«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト