支援企業、BCC第3回明日の架け橋賞受賞(18/11/25)
トップページ > 支援企業、BCC第3回明日の架け橋賞受賞(18/11/25)

支援企業、BCC第3回明日の架け橋賞受賞(18/11/25)

2018年11月28日(水)12:01 AM

プロフェッショナル産業医で知られる合同会社パラゴン(東京都港区)の支援している企業が、第3回BCC(Bridge between Clinic & Company)架け橋大賞審査会で、企業部門の上位3、4位が受賞できる「明日の架け橋賞」を受賞されました。

なお、この審査会で当社代表が大変感銘を受けたのは、ライフネット生命保険株式会社の豊富な休暇制度の種類とその内容でした。

今日、消化しきれない有給休暇を積み立てて、後年、それを活用できるようにしている企業は多くございます。

対して同社は、「ナイチンゲールファンド」という休暇を用意していました。これは、家族同然の大切な人に対する看護休暇である「ナイチンゲール休暇」のうち、消化されなかった社員を会社が積み立てて、その社員以外も使用できるように、お互い様だという共助の精神を体現化した休暇制度でした。

他にも不妊治療のための「エフ休暇」や、「堂々と部活動休暇」といった、労働者がイキイキ、輝く日々を過ごす支援に直結すると期待できる複数の休暇制度が用意されていました。

さすが がんアライ宣言 を創設された会社です。

 

 



«   |   »

産業医契約が必要な企業様へ


合同会社 パラゴン
モバイルサイト