月刊人事労務実務のQ&A 2019年1月号に合同会社パラゴン代表の記事掲載(19/01/01)
トップページ > 月刊人事労務実務のQ&A 2019年1月号に合同会社パラゴン代表の記事掲載(19/01/01)

月刊人事労務実務のQ&A 2019年1月号に合同会社パラゴン代表の記事掲載(19/01/01)

2018年12月17日(月)10:32 PM

メンタル産業医集団で知られる合同会社パラゴン(東京都港区)代表さくらざわ博文による労働者の心身の状態に関する情報の適正化指針に関する解説記事「要配慮個人情報に当たり、労働者の健康確保に必要な範囲で情報を収集、保管し使用しなければならない」が 月刊 人事労務実務のQ&A 2019年1月号(日本労務研究会)に掲載されました。

 

改正個人情報保護法で規定された病歴保護規定と「働き方改革実行計画」を受けた産業医等の機能強化とを両立させる必要があります。

そして労働者が雇用管理において労働者の不利益な取扱いにつながる不安なく安心して産業医等による健康相談等を受けられるような支援が必要です。

その為に事業者が労働者の健康確保措置を十全に行えるようにするために適切な取扱いを決める方法が記載されています。

 

【月刊 人事労務実務のQ&A 1月号の内容】

  • 今これが知りたいQ&A労働者の心身の状態に関する情報の適正化指針を読む
  • 改正個人情報保護法における要配慮個人情報に当たる
    労働者の健康の確保に必要な範囲で情報を収集
    収集の目的の範囲内で保管し、使用しなければならない
  • 医師・労働衛生コンサルタント さくらざわ博文
  • Q1 この指針はなぜ作られたのですか
  • Q2 この指針はどのような性格のものですか
  • ほかQ10まで
  • 特集1 働き方改革におけるパート管理の新課題
  • 正社員との不合理な待遇の相違設けてはならない
    不合理な待遇の禁止について説明義務課せられる
  • 弁護士・外井浩志、鹿野智之、山口毅、荻谷聡史
  • Q1 パート管理ではどのような法改正がありましたか
  • Q2 パートタイム労働者の定義が変わったのですか
  • ほかQ12まで
  • 特集2 年次有給休暇の総点検[下]
  • 繰り越し分を除いて10日以上付与される者が時季指定付与の対象に
  • 社会保険労務士・田中朋斉
  • 弁護士・鹿野智之、本田敦子
  • 《法改正編》
  • Q1 繰越し分で10日以上になる者は年5日の時季指定義務の対象者ですか
  • Q2 雇止めしたときに年5日時季指定していなかった場合は違法ですか
  • ほかQ3まで
  • 《その他編》
  • Q4 時間単位や半日単位で年休を付与してもよいですか
  • QQ5 交替制で2日にわたる勤務の者が取得したときの年休は2日分となりますか
  • ほかQ9まで
  • 人事労務の基礎ワード
  • 〔年次有給休暇/基準日/時季指定権/時季変更権/前倒し付与/年休管理簿〕
  • 特定社会保険労務士・園部喜美春
  • 人事労務の実務のギモン
  • Q1 内定式や研修時にも賃金を支払わなければなりませんか
  • Q2 震災(台風)の影響で操業停止中の場合、内定取消や入社延期などはできますか
  • 社会保険労務士・佐藤容右
  • 弁護士・草開文緒
  • <その他の連載>
  • ◆NEWS
  • ◆実務に役立つ通達・解釈 第10回 第2部:休日編 ①暦日休日制
  • ◆会社担当者のためのM&A人事労務の実務 第9回
  • 「人事労務DD各論(7)」」
  • 岩田合同法律事務所(弁護士・羽間弘善、藤原宇基)
  • ◆Q&Aで読む最新労働判例 第85回
  • 「ナック事件」
  • 弁護士・木下潮音
  • ◆人事労務に必要な民法改正の基本知識 第24回
  • 「Q24 雇用契約とはどういうもので、何が変わったのでしょうか」
  • 安西法律事務所(弁護士・本田敦子)
  • ◆女性が活躍する会社づくりの実務 第47回
  • 「女性活躍推進の実務⑩〔キャリアアップ編 ~無期転換ルールを活かす【後編】~〕」
  • 特定社会保険労務士・島 麻衣子
  • ◆わが社の人事政策 File.97
  • イーソル「チャレンジ楽しみながら人材価値と満足度が向上」
  • ◆おさらい☆労働基準法 No.102 賃金台帳
  • ◆書棚『ストレスチェック面接医のための「メンタル産業医」入門(改訂第2版)』
  • ◆DATA FILE 2018年3月卒者の学歴別初任給
  • 日本経団連「2018年3月卒 新規学卒者決定初任給調査結果」より

 



«   |   »


合同会社 パラゴン
モバイルサイト